あげまんの法則

あげまんとは、一緒にいる男性に幸運をもたらしたり、出世させたりする女性のことを言いますが、 どうも女性で、このあげまんについて真剣に考えている人は少ないようです。

というのも、男というのは皆、どうせ結婚するのであれば、あげまんの女性がいいと思っているのです。 口に出してまでは言わなくとも、みんな心の中ではそう思っているのです。

あげまん女性が、運気を上げる存在であると考えられている以上、出世欲の強い男性ほど、あげまん女性と結婚したいという欲求が強いということがわかります。つまりあげまん度の強い女性ほど、そのような頑張り屋さんの男性からたくさん求愛されるということです。

あげまんは科学的に説明できる

とはいえ問題はあげまんになる方法などあるのか? ということです。
ご安心ください。 あげまんとは別に、生まれつきのものでも、神秘的なものでもなんでもなく、科学的に証明できるものなのです。 そして、誰でもなれるものなのです。

一緒にいる男性が幸運を掴んだり、出世したりするということは、それだけその男性が自分の仕事や夢に向かって必死で頑張ったということです。 つまり、男性を自由に頑張らせてあげる女性こそが、あげまんだといえるワケです。

では、どのような状況であれば男性は夢中になって頑張ることができるのでしょうか? それは一緒にいる女性が、貞淑で精神的に自立していると、夢中になることができるのです。

《その1》あげまんは貞淑である

まず自分の妻が、貞淑感たっぷりであれば、男性は浮気の心配をすることなく仕事に打ち込むことができます。逆に、頻繁に男友達と連絡を取り合ったり、遊び歩いたりしているようでは、男性は仕事どころか、浮気の心配と阻止に多大なエネルギーを使わなければなりません。

そのような行為は、男性同士を競い合わせる効果があるので、彼にかまってもらえる時間が増えたり、プレゼントなどの値段が上がったりするというメリットは確かにあります。

しかしそのような、女性に時間を費やしてばかりの男性が出世するハズもなく、夫婦共々負け組路線をいくことは目に見えています。 遊び好きな女性ほど「さげまん」の要素が強いことがわかります。

《その2》あげまんは精神的に自立している

情緒不安定、つまり精神的に自立していない女性と一緒にいると、男性は自分のビジネスに集中することができません。

精神的に自立していない女性に見られる特徴としては、
1、常に手助けを求める(頻繁に電話やメールを求める)
2、「だって」「どうせ」「わかんない」「決められない」が口癖
3、記念日や旅行など、イベントの話ばかりする

などがあげられます。

仕事中や外出中に頻繁に連絡を求められたりすると、男性はだんだん冷めてきてしまいます。 「浮気心配症の女性と結婚した男性は成功できない」と昔から相場は決まっているのです。 つまり、男性に依存しすぎてしまう女性も「さげまん」だということです。

メールを一行だけ「さみしいな・・・」などと送る女性も同様です。
何気なしにこのようなメールを送る女性は多いですが、この一行には、
「仕事中も私のことを忘れないで!もっと私にかまって!」
という威圧感あるメッセージがこめられています。

男性は一度にひとつのことしかできない生き物です。
道ばたで携帯電話が鳴ると、立ち止まって話をしているサラリーマンを見たことがあるでしょう? 男性は、歩きながら話をすることすらもできないのです。
そのような単細胞生物の男性に、仕事中も自分のことを考えて、かつ気の利いたメールを返信するなどという芸当ができるハズがありません。

まとめると、男性に依存するのではなく、男性がいかにしたら仕事に集中できるか? ということを考えられる女性こそが「あげまん」だといえます。考えてみれば、成功した男性の奥さんというのは、皆しっかりしていますね。

ページトップへ