女性の理想のファッションとは

先日、僕の同僚の医師が、出会って3ヶ月ほどの女性と突然結婚をしたのですが、その彼が非常にユニークなことを言っていました。

「結婚の決め手は、彼女が初回のデートから3回連続で同じ服を着てきたことかな」

僕も含め、まわりの医師達もこの発言には深くうなずいたのですが、あなたにはこの意味がわかるでしょうか?

実力のある男は女のココを見ている

初回のデートから3回連続で同じ服を着てきたということは、まずそれほど洋服を持っていないということです。彼女が意図的にそうしたのか、たまたまそうなってしまったのかは定かではありませんが、いずれにせよ、服にそれほどこだわりがないということがわかります。

自分の服にこだわりがないということは、相手にもそれを期待していないということです。 ファッショナブルな服装をしている人は、相手にもファッショナブルな服装を求めるからです。

つまり彼女が「中身重視の性格」をしているということがわかります。
同時に節約家で、男慣れしていないという過去もうかがわせます。そして何より、そのような質素な女性を見ると男性は「自分でも満足させられそうだ」と思うのです。

婚活にブランド物はいらない

パーティーなどのかしこまった場所ならまだしも、デートなどに全身ブランド
物を着てこられると、たいていの男性は、
「結婚したら、毎月こういうのを買わなきゃいけないのか・・・」
というプレッシャーにかられます。

男性というのは、その女性を満足させられるという確信が持てなければ、プロポーズをしません。 だから、あまり仕事が順調でない男性ほど、
「彼女をまだ満足させる自信がない」
と男友達などにこぼしたりするのです。

もちろん、遊びであれば、ブランド物に身を包んだような女性の方がモテます。 そのような女性を連れている男性は、成功者とみなされるからです。短期間の交際と割り切っているのであれば、相手の金銭感覚を見極める必要はまったくありませんから、ブランド物や露出度の高い服を着ている女性の方がむしろ好まれます。ホステスがいい例です。

しかし、結婚となると話は違ってきます。 男性が女性を養う立場である以上、女性の潜在的な金銭感覚を見極めようとするのは当然のことです。

そして、収入が多い男性ほど、
「自分が全てを失っても、ついてきてくれるだろうか?」
ということを強く考えるようです。

背伸びをする必要はない

初回のデートから3回連続で同じ服を着るというのは極端にしても、ファッションはなるべくシンプルにまとめた方がいいと僕は思います。

アイドルを見てもわかりますが、彼女らは絶対に高級腕時計をつけたり、アクセサリーをゴチャゴチャと付けたりはしません。
非常にシンプルかつチープな服装に身を包んでいます。

アイドルは決して高級腕時計をつけない

最初の間口を広げることによって、
「オレでも満足させられるんじゃないか?」
と思う男性を増やしているワケですね。

実際に、男性は女性が身に付けている衣服や装飾品の値段を殆ど気にしないというデータもあります。 男性にとっては、それがブランド物であろうが100円ショップで買った物であろうが、さほど関係ないのです。確かに「俺の彼女の鞄はエルメスで…」などと自慢している男性は見たことがありません。

女性の脳というのは、妊娠〜子育て中は男性の経済力に頼るように設定されていますので、高価な服や時計を身に付けている男性に惹かれるのは当然のことです。 しかし、男性は女性に経済力ではなく、生殖能力や養育能力を求めているワケですから、問題は服ではなく、その中身ということになります。 簡単に言えば、女性は男性の身に付けているモノに興味があり、男性は女性の服の中身に興味があるということです。

「服なんか、似合ってればなんでもいいじゃないか」
という彼の言葉は、あながちウソではないのです。男性が女性の買い物に付き合うのを嫌がる理由もここにあります。

ページトップへ