女性の理想のプロポーションとは

男性は女性よりも視覚が発達しています。
そうなった理由は、遠くにいる獲物を見つけるためと、より生殖能力のある女性を見極めるためだといわれています。

このことは、スタイルの良い女性を選んだ男性の遺伝子が、より繁栄してきた歴史があることを意味しています。 しかし一言で「スタイルがいい」といっても、それは具体的にどのような状態をさすのでしょうか?

結論から言うと、最も重要になってくるのは、ウエストとヒップの比率です。 ウエスト÷ヒップで表される数値のことを「WHR」(Waist to Hip Ratio)と言いますが、このWHRの比率が0.7の女性を男性は最も魅力的だと感じるということが既にわかっています。

プロポーション研究の第一人者である米 進化心理学者のデベンドラ・シン博士は、 世界の16の文化圏を対象に、女性の理想のプロポーションについての調査を長年に渡って行いましたが「どこの国においても男性は、WHR比が0.7の女性を最も魅力的だと感じる傾向があった」と報告しています。下のイラストはその時に使ったものです。

WHRの表

妊娠能力の高い女性ほどモテる

興味深いのは、太った人がモテる国、痩せている人がモテる国、どこの国においても赤枠で囲んだWHRが0.7の女性が最も人気があったということです。そして、一番人気が高かったのは、中段の女性だったということです。

つまり重要なのは、太っているか痩せているかではなく、どれだけくびれがあるか? ということなのです。 おそらく、太っている人でくびれがある人は少ないので、男性は「痩せている方がいい」と口にするのでしょう。

逆に最も不人気だったのは、一番右端のWHRが1.0の女性でした。
いくら細くても、全体的に細い女性には、男性は魅力を感じないのです。

さらに博士は、歴代のプレイボーイ誌の表紙を飾った女性や、美人コンテストで優勝した女性のWHR値を調べあげましたが、その値は、ほぼ0.68〜0.72に間におさまっていたと報告しています。 博士はこの結果を「WHR比が0.7の女性は、最も妊娠能力が高いためだ」と分析しています。

実際に女性は、妊娠能力がピークになる19歳の時にWHR比が最も0.7に近くなり、年齢を重ねていくごとに徐々にウエストが厚くなっていきます。
つまり男性は、WHRが0.7になるべく近い女性を選ぶことで、自分の遺伝子の繁栄度を高めようとしているのです。

理想の体重、ウエスト、ヒップの表

身長から導き出せる理想の体重、ウエスト、ヒップの表を作ってみました。
とはいっても、あくまで計算上のものなので、目安程度に考えてください。
BMI=21で計算しています。
※BMI=体重÷(身長×身長)

自分の身長 理想の体重 理想のウエスト 理想のヒップ
140 41.1 52.9 75.6
142 42.3 53.7 76.7
144 43.5 54.5 77.8
146 44.7 55.2 78.8
148 45.9 55.9 79.9
150 47.2 56.7 81.0
152 48.5 57.5 82.1
154 49.8 58.2 83.2
156 51.1 58.9 84.2
158 52.4 59.7 85.3
160 53.7 60.5 86.4
162 55.1 61.3 87.5
164 56.4 62.0 88.6
166 57.8 62.7 89.6
168 59.2 63.5 90.7
170 60.6 64.3 91.8

WHO(世界保健機関)は昔から「理想のBMIは男女共に22」と言っていますが、僕の調査では先進国ほど、この値は低くなりつつあります。

理由は、先進国は食べ物が溢れすぎているからです。
痩せることは難しく、太ることが簡単だという背景がそれに関係していると推測されます。 表はあくまで目安ですが、極端にこの数値からかけ離れている人は、少し努力してみる必要があるかもしれません。

※エステ会社などの中には「美容体重はBMI=18」などと言っているところもありますが、そんなのは一切何の根拠もないことなので絶対に信用しないようにしてください。 医学的に見れば、BMI=18というのは病気です。

ページトップへ