婚活学.com婚活相談室 > なぜ占いを信じるのはダメなんですか?
Question

なぜ、占いを信じるのはダメなんですか?

平野先生は、占いなどを否定されてるような感じがするのですが、なぜ占いを信じてはいけないんですか?(30才 看護師)


Answer

ダメだとは言ってません(笑)
ただ、占い(風水・占術・スピリチュアル系全般) を信じていると、間違った選択をしてしまう確率が高くなることだけは間違いありません。

占いを信じるということは、自分が選んだ以外のものをチョイスするということです。 つまり、直感を無視するということですね。 しかし、この直感というのは、 あなたの祖先の女性達があなたに送っているメッセージであり、これに勝るものはないと言われているのです。

例えば、男性とキスをした時になんとなくイヤな感じがする時がありますよね? それは、その男性との免疫系の相性が合っていなかったり、遺伝的な近親性があることを意味しているのです。 すなわち、健康な子供が生まれてこないことを脳が教えてくれているのです。
(※これには様々な神経やホルモンやが関与していますがここでは割愛します)

反対にとろけるようなキスだった場合はこれとは逆で、彼が精神的にも身体的にも健康であり、2人の相性がとても良いことを意味しています。 すなわち、健康な子供が生まれる可能性が高いことを脳が教えてくれているのです。

昔の時代は、占いなどありませんでしたから、祖先の女性たちは、なんとなくイヤな感じがする男性をパートナーには選びませんでした。 そういったことが何百万年と続いた結果、女性の脳というのは「なんとなく」という直感で自分と相性の合っていない男性を避ける術を身につけたのです。

自分を信じずに、占いを信じて、男性を選んでしまった女性には、あまりよくない未来が待っているかもしれないのです。

#


もう1つ、占いを信じることのデメリットがあります。 それは、占いを信じていると不幸が重なった時にそれに立ち向かう気力が失われてしまうということです。

自分に降りかかる負の連鎖を厄年や大殺界のせいにしたり、先祖の霊のせいにしたりしている人は、まったく自分を変える努力というものをしません。 そりゃそうですよね。 人生が何か得体の知れない大きな力によって支配されていると考えている訳ですから、自分が何かしたところで無意味になるという考えになるのも理解できます。

しかし、現実にはそうではありません。 どんな災いにも必ず原因というものが存在しています。 それに立ち向かう勇気さえあれば、その元凶を根元から絶てるかもしれません。 占い信者というのは、そういう努力をしない人が多いわけで、文字通り「運まかせ」です。 悪い言い方をすれば他力本願です。

以上が僕が占いをあまりオススメしない理由ですが、完全に否定している訳ではありません。 例えば、自分にとって都合のいい占いだけを信じて、それでその日1日をハッピーに過ごせるのであれば、それでいいと思います。 良い事は、どんどん信じてください。 ただ、占い師やスピリチュアルグッズに何十万も払うのは…どうかと思います。

ページトップへ