男性の最大の弱点とは

皆さんは、男性の最大の弱点が何かご存知でしょうか?

年とると、ハゲちゃうところ?
アソコが弱点だと思う?
いえいえ違います(笑)
男性の最大の弱点は、子供を産めないということです。

男というのはハッキリいって、1人でも生きていけます。
生きる上での能力(経済力・知力・腕力など)は平均すると殆ど女性よりも上回っているのです。 ですがただ1つ、子供を産むという能力がないために、女性に媚びへつらい、求愛せざるをえないのです。信じられないかもしれませんが、これは本当です。

どんなに大金持ちになろうと、名声を得ようと、子孫を残せなければ生物学的には負け組です。だから男性の脳は、その体が健康であるほど、その経済力に余裕があるほど「結婚したい」「子供がほしい」という欲求を強く出すようになっています。 簡単にいうとこれが「Hしたい」という気持ちです。

従って男性に結婚を決断させるためには、
『結婚してくれないのなら絶対にあなたの子供は産まない!』
という強い意志を前面に出す必要があります。

簡単にはSEXをさせない

上記の強い意志とは、わかりやすく言うと「SEXをさせない」ということです。 しかし、これは諸刃の剣でもあります。 その男性がモテモテで、あなたよりもはるかに魅力が高い場合、すぐに他の女性のところに行ってしまう可能性があるからです。

しかしながら、あなたからSEXを誘っているような状況だと、男性はまず結婚を決意してはくれません。

女性からSEXを誘うということは「あなたの子供を産んであげる」と言っているのと同じことです。人間の脳というのはまだまだ『SEX=子供ができる』という図式でとらえています。つまり、そのような男性に完全に獲得されている状態では、そこからさらにその女性を追いかけようというモチベーションが出にくいのです。

追えば、追われない

このようなジレンマから脱却するために、僕がオススメしているのは、その中間をとるという戦略です。 つまり、SEXを誘われても2回に1回くらいは断るのです。 すると男性の中に『この女性を獲得したい』『子供を産ませたい』という欲求が芽生えます。

人というのは、まだ手に入っていないモノにしか興味を示すことができない生き物です。

たとえば、誰でも自分が持っているバッグと、ショーウィンドウに飾ってあるバッグでは、ショーウィンドウに飾ってあるバッグの方に興味が沸きます。
しかし、両者の違いというのは1点だけで「すでに手にしたのか、していないのか」ということだけなのです。

しかしながら、多くの女性は「自分が持っているバッグ」になってしまっています。「ショーウィンドウに飾ってあるバッグ」に自分を近づけなければ、男性の獲得意欲を高めることはできないというのに。

追わせるスペースを作っておかなければ、追われることは絶対にありません。 彼がよほどブサイクで、あなたがよほどの美人という、ごくまれな例を除いては、何かしらの追わせる要素を作らない限り、ハッピーウェディングには辿りつけないと知りましょう。

ページトップへ